中嶋 正之 の 鉄道映像  鉄道模型の運転制御
   目次 2             
 
              * 下のボタンを押すと説明ページが開きます。 
              * 説明ページの「動画を開きます。」を押すと動画を見られます。 
    目次3を開く 
ワルシャワの地下鉄 グダンスクの通勤電車   セントーサ島エキスプレス  西武鉄道
ジャカルタの地下鉄  ジャカルタ空港線   ジャカルタの通勤電車 インドネシア国鉄 
 インドネシア国鉄・普通車  ジョグジャカルタとソロ  ジョグジャカルタ駅 テヘラン・メトロ 
 ビッグ・ボーイ      
 
 TRAIN_12      動画を開きます。 
   ワルシャワの地下鉄
     
     
写真1     
     
     
         写真3  
     
ワルシャワの地下鉄
ワルシャワの都心と、人口の多い北部および南部の郊外を結ぶ南北の1号線(路線図の青の線)と、
  東西方向に走る2015年3月8日に開通した2号線(赤の線)の最初の区間で構成されている。
  写真1はワルシャワの中心ともいえるCentrum駅の入り口である。駅構内、車両、車内もきれいであり、
  快適な交通手段ともいえる。写真3は2013年投入のシーメンス製のワンマンカーである 
 TRAIN_13      動画を開きます。
 
 『グダンスクの通勤電車』 
           
  グダンスクは、ポーランドの都市。バルト海南部に面し、グダンスク湾を擁するポーランド
  最大の港湾都市であり、観光都市でもある。
  ポーランドにおいても列車は快適な移動手段となっており、朝夕は多くの通勤客で満席と
  なっている。 
    
       
               
       
                        
 TRAIN_14     動画を開きます。
 
   セントーサ島エキスプレス(モノレール)
 
 
  セントーサ島エキスプレス(モノレール)  ( シンガポール(2019.1.5) )   
         
  シンガポールの観光地である、セントーサ島へ渡るには、徒歩やバスがあるが、最も便利  
  なのがMRT(地下鉄)のHarbourFront駅からセントーサ・エキスプレスに乗車することである。  
  切符は$4。  
  セントーサ島への入場料も含まれており,セントーサ島内に入ってしまえば、モノレールは  
  乗り放題となっている。  
  巨大なマーライオンの間近を通過するのも興味深い光景である。  
     
   
       
         
         
                
 TRAIN_15     動画を開きます。
 
  西武鉄道、新型特急車両001系「Laview(ラビュー)」
        
 
  西武鉄道、新型特急車両001系「Laview(ラビュー)」   
         
  2019年3月16日に 運行開始した新型特急車両001系「Laview(ラビュー)」がゆっくり終点の  
  西武秩父駅に到達する様子を上から眺めた映像である。  
  西武鉄道の新たなフラグシップトレインとなる001系「Laview」は、10000系「ニューレッドアロー」  
  から25年ぶりとなる新型特急車両。  
  おもにビジネス・観光型の特急電車として運行している。  
     
     
   
 TRAIN_16      動画を開きます。
 
    ジャカルタの地下鉄MRT
 
 
 
 
  ジャカルタの地下鉄MRT         
           
  日本の技術支援で完成したインドネシアの首都ジャカルタを縦貫する都市高速鉄道、         
  MRT南北線である。  Lebac Blus駅からジャカルタ市の中心のBundaran HI間が4月1日      
  に営業運転を開始した。MRT南北線は、最初は地上を走行しているが途中から地下鉄      
  となっている。      
  開通まもないため駅も車両も美しく、土曜日のため家族連れでにぎわっていた。      
  映像はFatmanati駅に入って来る様子を撮影したものである。       
  切符は、窓口で行き先を伝えると、横に設置されていたディスプレイに金額がでたので、      
  その金額を現金で支払って簡単に購入できた。             
  終点のBundaran HI駅は、まだ地下鉄になれない乗客が殺到しためか大混雑となっていた。            
                     
             
                     
             
                     
                  
 
 TRAIN_17     動画を開きます。
 
   ジャカルタ空港線
 
 
  ジャカルタ空港線   
      
  2018年1月2日に正式開業したスカルノ・ハッタ空港鉄道。  
  空港線と新たにできた地下鉄MRTとは、BNI City 駅で徒歩5分程度の距離で結ばれている。   
  特徴としては、空港を出てからまもなく、既存の通勤鉄道(KCI)と路線を供用しているが、駅は  
  別途空港線専用に設置されており、このBNI City駅は、空港線のみが停車するようになっている。   
  おおむね朝5時から夜23時まで30分間隔で、都心と空港を46分で結ぶ空港鉄道は、これまで  
  道路交通に依存していた空港アクセスを劇的に改善された。   
     
             
 
 TRAIN_18     動画を開きます。
 
    ジャカルタの通勤電車
 
 
 
  ジャカルタの通勤電車  
     
  インドネシアの首都ジャカルタは、日本で活躍した車両が再利用され、日本の鉄道ファンたちの
  隠れた聖地になっているとのこと。
  ジャカルタ市内を走るKRL(首都圏通勤電車)には日本で活躍した車両が再利用され、
  日々ジャカルタ市民の足としては走り回っている。 
  現在、多く見かけるの車両は、JRで使われていた205系と呼ばれる車両で、横浜線や埼京線、
  南武線などで使われた車両で、他にも東京メトロ千代田線で使われた6000系など合計1000両
  ほどの日本の車両がジャカルタで再活躍をしている。    
  映像の車両にはJRの文字が見えている。   
       
       
       
   TRAIN_19     動画を開きます。
 
  インドネシア国鉄Priority Car
 
 
 
  インドネシア国鉄Priority Car           
                     
  インドネシア国鉄Priority Carに乗り、ジャカルタからバンドンへ
   
  ジャカルタのガンビル駅からバンドンまで移動するのにアルゴ・パラヒャンガン号(Argo Parahyangan)
  という列車を利用した。
  この列車は通常エコノミー(Ekonomi)とエグゼクティブ(Eksektif)の2クラス制なのだが、最近
  プライオリティ(Priority)というさらに上級のクラスが連結された列車が登場したので乗車してみた。
   
   
      
         
       
         
    TRAIN_20     動画を開きます。
 
   「インドネシア国鉄・普通車」
 
 
 
 
  インドネシア国鉄・普通車             
             
  バンドンからジョグジャカルタへ  
     
  インドネシア国鉄はオランダによりジャワ島で1864年に建設を開始、1867年に運行を  
  開始した。これは日本の新橋-横浜間の開通より早いとのこと。  
  インドネシア国鉄の多くの路線は非電化で、ディーゼルカー、またはディーゼル機関車  
  が列車を牽引している。   
  運賃はエコノミーと、エグゼクティブの2種類があり、写真はエグゼクティブの車内の様子  
  である。しかし冷房が効いており、快適であった。    
     
  またジャワ島の中長距離列車は事前に各駅に設置された機械でチェックインして乗車券を  
  プリントアウトしておく必要がある。    
  駅舎に入ると、CHECIK-IN Counterと書いている看板の下に端末が設置されており、  
  あらかじめ予約しておいたチケットの番号を入れると実際の切符がプリントアウトされた。    
  なお改札を通過するには身分証明が必要でパスポートの提示をもとめられた。   
     
          
             
          
     
 TRAIN_21     動画を開きます。
 
   ジョグジャカルタとソロを結ぶ通勤列車
 
 
  ジョグジャカルタとソロを結ぶ通勤列車       
         
  特急ワイドビュー南紀6号に乗って新宮から名古屋へ移動。運転席の後ろに乗車できたの    
  で、南紀の移り行く風景を楽しむことができた。大阪から新宮駅まではJR西日本の管轄の   
  ため、JR東海の紀勢線は新宮駅からスタートする。新宮駅から亀山駅間はまだ電化されて   
  いないので、特急気動車となり、風景から電柱がないことが分かる。トンネルが沢山ある   
  ので、この区間の電化は不可能と思う。映像はまさに電化が不可能な狭いトンネルに入る   
  直前までを撮影した。   
   
  下の、南紀6号の写真は「JRおでかけNET」から引用させてもらった。  
   
        
       
       
       
    TRAIN_22      動画を開きます。
 
    ジョグジャカルタ駅での線路入れ替え車両
 
 
ジョグジャカルタ駅での線路入れ替え車両
     
  ジョグジャカルタ駅は、ジャカルタ、スラバヤなどからの多数の長距離急行列車が発着している。
  プラットホームは、1 - 6番線の計6つあり、頻繁に線路の車両の入れ替え作業を行っている。
  面白いことに長い車両の入れ替えのため公道を止めてのスイッチバックとなっていた。
     
     
     
TRAIN_23       動画を開きます。
  
 テヘラン・メトロ(イラン)  
 
     
   テヘラン・メトロ(イラン)  
     
  イランの首都を走るテヘラン・メトロである。   
  現在7路線であり、軌間は標準軌。驚いたことに駅のプラットホームには女性の物売りで溢れていた。 
  なお女性専用の乗車区域と一般乗車区域は写真の様な簡単な仕切りとなっており,降りる駅など
  のお互いの話ができるようになっていた。  
  乗車券は距離に関係なく一回の利用ごとに1200リヤール(10円弱)で極めて安いため多くの市民が
  利用しており、大変混雑していた。  
     
     
     
 TRAIN_24     動画を開きます。
スペースが空いていましたので、中村一夫が拝借しています。
 ビッグ・ボーイ
   
  ビッグ・ボーイ 
   
  米国グリーンベイのアメリカ国立鉄道博物館(National Railroad Museum)
  を尋ねてみました。 
  グリ-ンベイはウイスコシン州ミシガン湖西岸にある町で、シカゴから空路  
  約1時間です。 
  アメリカの発展を担った鉄道車両遺産が展示されています。上の機関車写真
  は「ビッグ・ボーイ」で、前に立つと改めてその巨大さに目を見張ります。 
  広大で静かな博物館の各所に英雄達が展示されています。   
   
     
     
     
     
   目次 3 へ !  
 
 ☆ END