目次 3  中嶋 正之 の 鉄道映像  鉄道模型の運転制御
                
  目次1を開く  目次2を開く   目次4を開く  
              * 下のボタンを押すと説明ページが開きます。 
              * 説明ページの「動画を開きます。」を押すと動画を見られます。 
     
LosのEXPO LINE ボルネオ島サバ州立鉄道   KLIA EXPRESS  KLIAトランジット電車
KTMコミュータ  クアラルンプール・モノレール   MRTクアラルンプール マラッカの広場にて 
 会津鉄道会津線  トラムヴァイ  アンカラの通勤電車 アンカライ 
 
 TRAIN_25      動画を開きます。 
   ロスアンゼルス地下鉄EXPO LINE
     
     
   
25 ロスアンゼルス地下鉄EXPO LINE 
             
ロスアンゼルスの公共交通機関としては地下鉄Metro Railが市民に広く利用されており、レッド、パープル、
  ブルー、グリーン、ゴールド、ピンクと.それになぜか色が付かないEXPO Line6路線が運行されている。
  EXPO Line2016年にサンタモニカまで延伸され、人気の観光地であるサンタモニカまで気軽に行けるように
  なった。EXPO Lineは主に路上を走行しており、目の前を走り抜ける姿は美しくもある。 
  ロスでMetro Railが市民に広く利用されるのは、その安さにあるのではないかと思う。TAPカードを利用すると、
  1回の乗車は1.75US$であるが、62歳以上は75セント(約90円)である。しかし注意しなければならないのは 
  TAPカード(2ドル)には日本の交通カードとは異なり有効期限があることである。 
   
 TRAIN_26      動画を開きます。
 
 マレーシア;ボルネオ島サバ州立鉄道(2019.8.24 
                 
   
               
       
  26 マレーシア;ボルネオ島サバ州立鉄道(2019.8.24      
         
  ボルネオ島における珍しい鉄道。この鉄道はイギリス統治時代に内陸テノムからコタキナバルの港まで農作物な     
  どを輸送するための貨物鉄道として作られ,現在はサバ州立鉄道としてコタキナバルのタンジュアル駅からテノ     
  ムまで運行されている。映像は一般車両のエコノミー車両でどうやら中国製らしい。なお1日1便とのことであ     
  るが日本から譲渡された元名鉄北アルプスAIZUマウントエキスプレスのキハ8502または8503がファースト     
  クラスとして運行されているそうである。詳しいい紹介は以下のURLを参照して欲しい。ここにはルートMAP     
  UPされてあります。     
       
        https://wakuwork.jp/archives/43252#i     
       
 TRAIN_27     動画を開きます。
 
   KLIA EXPRESS(クアラルンプール.エキスプレス)
 
 
  27  KLIA EXPRESS(クアラルンプール.エキスプレス)   
     
  KLIA(クアラルンプール空港:クアラ・ルンプール・インターナショナル・エアポートの略)とクアラルンプー  
  ル・セントラルステーションを結ぶノンストップ特急列車。  
  所要時間は33分である。ピーク時には20分毎に運行されている。クアラルンプールセントラルステーションに  
  は、日本語でも特急電車として明示されており、とても利用しやすい状況となっている。  
   
      
        
                
 TRAIN_28     動画を開きます。
 
   KLIAトランジット電車
        
 
  28 KLIAトランジット電車   
     
  KLIAとセントラルステーション間にはノンストップのEXPRESSと並走して、途中3駅に停車する「KLIA  
  ランジット鉄道」が運行されている。この路線は、MRT(マレーシア国営鉄道)が運営している関係なのか、ロ  
  ングシートの通勤電車で運行されている。しかし現在は、EXPRESS用の列車も時々運行されている。なおチケ  
  ット代はEXPRESSと同額となっている。  
   
 TRAIN_29      動画を開きます。
 
     KTMコミュータ(マレーシア国営鉄道)
 
 
 
 
  29 KTMコミュータ(マレーシア国営鉄道)       
         
  現在、マレーシア国営鉄道KTMは郊外電車コミュータを青と赤の2路線運営している(図2)。使用しいてい      
  る車両は6両中の真ん中の2両が女性専用列車という女性に対して至って優しい車両構成である(図3)。また        
  車内も日本の車両並みに美しい(図4)。銘板には中国製の車両と明記されていた(図5)。なお、チケットを購      
  入しようとして驚いたことにカードに統一されており、切符の販売は中止されてしまった。ちなみに最も安いカ      
  ード代は11リンギ(約250円)で、3リンギがカード代で、8リンギが乗車代となっている。なお東京の交通      
  カードとは異なり有効期限があり10年となっている。      
       
             図2 赤と青の2路線          図3女性専用車両との表示      
             
 
                     
                 図4 車内の様子         図5 中国製の表示         
             
 
 
                     
                    図6 プリペイカード                  
                  
 
 TRAIN_30     動画を開きます。
 
   クアラルンプール・モノレール
図1 女性の運転手 
 
  30 クアラルンプール・モノレール 
   
  クアラルンプール市の中心部における交通手段として、モノレールは大変便利で多くの市民に利用されている。  
  日本を始め多くの国で現在営業しているモノレールは無人運転が主であるが、KLのモノレールは2003年営業  
  開始という時代ものなので、人員に頼っていた。偶然乗り合わせた車両は若き女性が運転台に座り、発車の合図  
  から、次の停車駅の案内まで全てを一人で取り仕切っており、モノレールの停車位置も10cmもくるわず完璧な  
  運転をしていた(図1、図2)。現在、古い車両と新しい車両が運行しており、新しい車両の内部は綺麗であっ  
  た。(図3)  
  なお、モノレールの終点における上下線の切り替えは、レールが移動することにより行っていた(図4)。   
     
  図2 操作卓   図3 車内の様子  
             
       
  図4 モノレールの上下線の切り替え     
       
 
 TRAIN_31     動画を開きます。
 
    MRTクアラルンプールの新しい地下鉄
 
図1 車両 
 
  31  MRTクアラルンプールの新しい地下鉄      
       
  クアラルンプールに2017年に開通したばかりのMRT(Mass Rapid Transit)に乗車してみた。車内は東京の鉄道
  並みに美しかった(図2)。東京の銀座に相当するブキビンタンの駅の入り口であり、モノレールとの乗り換え
  駅となっている(図3)。やはり開通まもないため、駅の構内も美しかった。
  
   図2 車内の様子    図3 ブキビンタン駅の入り口  
       
       
   図4  駅構内の様子      
       
       
       
       
   TRAIN_32     動画を開きます。
 
  マラッカの広場にて
 
 
 
  32 古きマレーシアン鉄道車両 No.2111                   
                     
   鉄道の走行映像ではないが、マラッカの市の中心部のムルデカ広場の一角に Malayan Railway (KTMB)の古い
   ディーゼル( diesel-hydraulic locomotive No. 21111 Sungai Lukut”)が設置されている。勇壮な姿に感動さ
  え覚える。多くの観光客が記念撮影をしていた。なお現在は連結している1台の客車はお土産屋として使われて
  いる。
   
      
           
    TRAIN_33     動画を開きます。
 
   会津鉄道会津線のカラフルな車体の普通列車(塔のへつり駅にて)
 
 
 図1
  
   33 会津鉄道会津線のカラフルな車体の普通列車(塔のへつり駅にて,2019.9.21    
       
    会津線は、福島県会津若松市の西若松駅と福島県南会津郡南会津町の会津高原尾瀬口駅を結ぶ会津鉄道    
    が運営する鉄道路線である。普通電車は、主にJR線の会津若松駅と会津田島駅の非電化区間を2両連結  
    の気動車で運行している。図1は動物の絵が描かれたユニーク車体の気動車。図2会津高原の景勝地で  
    ある塔のへつりの駅。図3は時刻表、図4は運賃表である。  
   
          
   図2   図3       
    図4       
     
 TRAIN_34     動画を開きます。
 
   トルコのコンヤ市内を走行するトラム(トラムヴァイ)
 
 
図 1
  34.トルコのコンヤ市内を走行するトラム(トラムヴァイ,2019.9.28  
   
    1077年に首都であったコンヤ(Konya)はかって科学、文化、芸術の都であった。現在も町中にその面  
    影を残している。今回、コンヤ市の中心から郊外まで運行しているトラムヴァイに乗車してみた。車体  
    (図1)も車内(図2)も綺麗であり、カラフルなアニメーションを活用した車内の行き先案内も近代的  
    であった(図3)。でも1回の乗車代がたった1トルコリラ(20円)とは驚きました。  
   
        
  図2  図3   
       
    TRAIN_35      動画を開きます。
 
    トルコ共和国の 首都アンカラの通勤電車
 
 
 図1
  35 トルコ共和国の 首都アンカラの通勤電車  (2019.10.1) 
   
    460万人の人口を擁する首都アンカラの市域は広く、地下鉄とTCDD(トルコ国鉄)による交通網が充実
    している。アンカラの市の中心部と郊外を運行する電車がTCDDにより運行されている。鉄道映像はア
    ンカラ駅のホームから撮影したものである(図1、図2)。またアンカラ駅は、イスタンブールとの間で
    の新幹線の終着駅ともなっている。図3がアンカラ駅舎への入り口である。 
     
     
  図2   図3
     
TRAIN_36       動画を開きます。
  
 首都アンカラの地下鉄路線アンカライ  
 
      図1
 
   36.首都アンカラの地下鉄路線アンカライ  
     
    アンカラ市内にはアンカライという古い地下鉄とメトロM1からM4が運行されている。アンカライは
    1996 年にライトレール規格として開業した最も古い地下鉄である。乗車した気分では車両は古いがライ
    トレールと思えなかった(図1、図2)。図3はアンカラの地下鉄の路線図であり、中心のグリーンの路
    線がアンカライである。なお乗車にはアンカラカードが必要で、カード代が5TL(100円)で1回の乗
    車が2TLであった(図4)。
     
     
              図2           図3 
     
            図4   
     
   目次 4 へ !  
 
 ☆ END