目次 4  中嶋 正之 の 鉄道映像  鉄道模型の運転制御
      
 目次1を開く  目次2を開く   目次3を開く   
              * 下のボタンを押すと説明ページが開きます。 
              * 説明ページの「動画を開きます。」を押すと動画を見られます。 
     
アンカラの地下鉄路線M2 プルトラムT1線(プルサ)   トラムヴァイTramvay  ノスタルジック・トラムヴァイT2
世界一短い地下鉄テュネル  イスタンブール・メトロM2   マルマライMarmaray トルコ国鉄の特急列車YHP 
 メトロM2のハチリ駅を望む  トラムヴァイ  アンカラの通勤電車 アンカライ 
 
 TRAIN_37      動画を開きます。 
   首都アンカラの地下鉄路線M2
     
    
   図1 M2の車体
     
 
  図2 車内の様子  図3車両製造の銘板
     
   
   図4路線図           

37.首都アンカラの地下鉄路線M2  

             
アンカラ市内にはアンカライというライトレール規格の古いミニ地下鉄アンカライと本格的な地下鉄で
  あるメトロM1からM4が運行されている。2014年に運行を開始した地下鉄の路線M2は中国製の結構
  綺麗な車体の地下鉄であった(図1)。図2は車内の様子。なお地下鉄M1からM4432両の車両の
  中で108両がボンバルディア製で324両が中国南車製(図3)とのことである(Wikipediaより)。図4
  が車に掲示されていた市内中心部の地下鉄路線図である。
 
 TRAIN_38      動画を開きます。
 
 プルトラムT1線(プルサ)
                 
     
   図1路上を走行するT1
               
       
  図2カラフルな車体  図3カラフルな車体     
         
   38.プルトラムT1線(プルサ)    
         
  人口約200万人の古都のプルサには地下鉄とトラムが運行している。現在プルサ市内が整備を進めてい    
  る路面電車がブルトラム(Burtram) であり、T1からT33路線である。その中で赤色の車体で、町    
  の中心部を約30分で循環しているのがT1線である。郊外を走行するT2T3にはカラフルな車体が使    
  われている(図2、図3)。    
     
 TRAIN_39     動画を開きます。
 
   イスタンブールの鉄道映像1:トラムヴァイTramvay
 
 
図1ベヤズット駅
  39.イスタンブールの鉄道映像1:トラムヴァイTramvay    (2019.10.3)  
   (2019.10.3)  
  イスタンブール路面電車”Tramvay”T1からT4が運行している。その中で、特にT1は旧市街と新市  
  街を結んでいる重要なトラムであり、観光にも大変便利であり、終日混雑している。映像はグランドバ  
  ザールの出口にあるベヤズット駅(図1)付近の大変混雑した路上を走行する様子であり、トラムを気に  
  せずに荷物を運搬する地元住民の様子が興味深い。なお、イスタンブール市内にはカラフルなトラムが  
  市内を走行している(図2、図3)。   
          
       
  図2カラフルな車体のトラム  図3カラフルなトラム   
        
                
 TRAIN_40     動画を開きます。
 
   イスタンブールの鉄道映像2:ノスタルジック・トラムヴァイT2
        
 
図1観光客にも人気
          
  図2イスティクラール通り   図3 タクシム広場  
       
         
  40. イスタンブールの鉄道映像2:ノスタルジック・トラムヴァイT2  
     
    イスタンブールのトラムヴァイT2は、アンティークな車両の1両のトラムであり、観光客の人気となっ  
    ている(図1)。たった1両で、ガラダ塔近くのデュネルから新市街の銀座通りともいわれているイステ   
   ィクラール通り(図2)を走り、タクシム広場(図3)まで、2つの観光名所を結んでいる。  
   
   
 TRAIN_41      動画を開きます。
 
     イスタンブールの鉄道映像3 世界一短い地下鉄テュネル
 
 
 
 
図3 車両
         
          
   図1車両の先端の様子  図2車内の様子  
       
       
   図4走行前の地下の様子  図5 テュネル駅の入り口  
       
  図6イスタンブールの鉄道の歴史     
         
  41.イスタンブールの鉄道映像3 世界一短い地下鉄テュネル   (2019.10.3)      
         
    1875年に造られたロンドンに次いで世界で2番目に古い地下鉄がテュネルである(図1)。また乗車時間      
    がたった3分という多分世界で最も短い地下鉄で、乗車することも、もはや観光客の楽しみともなって      
    いる。3分なのですべての走行をビデオでの撮影を試みたがなぜか失敗してしまった。中間地点での車両      
    の交差も興味深かった。残念であった。図2は車内の様子であり、図3は車両全体の様子で、図4は走      
    行する地下の様子である。      
       
 TRAIN_42     動画を開きます。
 
   イスタンブールの鉄道映像4:イスタンブール・メトロM2
 
図1 M2の車体
   
             
  図2車内の様子  図3Hyndai製との明記   
       
       
   図4 一回の乗車券 図5 チケットの自動販売機   
   
   
   
  42.イスタンブールの鉄道映像4:イスタンブール・メトロM2 
   
    イスタンブールには東京並みとは言えないが、M1からM77路線が運行されている。映像は、イスタ
    ンブールの鉄道網の中心の駅であるイエニカブ駅から郊外のハシュオスマン駅まで運行しているM2
    ある(図1)。車内も清潔であった(図2)。驚いた車両は、韓国のHYUNDAI製だった(図3)。HYUNDAI
    は車両も製造しているのだ!。乗車するにはイスタンブールカードが便利であるが、1回の乗車券もあ
    る(図4)。なおチケットの購入には自動券売機を利用する(図5)。言語には日本語も用意されている
    が、使い方がいまいち分からず、イスタンブールカードを購入予定が1回券となってしまった。
 
        
 TRAIN_43      動画を開きます。
 
    イスタンブールの鉄道映像5:マルマライMarmaray:トルコ国鉄近郊電車
 
図1 車両 
 
       
   図2 Hundai製だとの銘板  図4チケット1回券  
       
         
   
   
   
   
   図3車内の様子  
     
   43 イスタンブールの鉄道映像5:マルマライMarmaray:トルコ国鉄近郊電車  
       
  1路線のみであるがボスポラス海峡横断トンネルを通ってヨーロッパとアジアを結ぶトルコ国鉄(TCDD
  による郊外電車が運行されている。まさに東京における東海道線の上野東京ラインのようである。なん
  12(6両などもあり)連結の長い車両構成には驚かされた(図1)。なお車両は韓国のHyundai製で
  あった(図2)。車内も清潔であった(図3)。ちなみに乗車代は1回だと11TL(約220円)である。
  3回券などもあるのだが自動券売機の操作が複雑で良く分からず1回券(図4)しか購入できなかった! 
  
             
   TRAIN_44     動画を開きます。
 
  トルコ国鉄の特急列車YHP
 
 
 
図1車両
       
       
   図2 路線図  図3アンカラ駅のチケット売り場の様子  
       
       
   図4 アンカラ駅の特急列車の乗車口  図5 時刻表  
          
   44 トルコ国鉄の特急列車YHP (2019.10.1)  
   (2019.10.1)                  
  現在、イスタンブールと首都アンカラ、そしてKonyaまで運行しているトルコ国鉄の特急列車(図1)。
  将来はトルコ国内中を運行するようで、各所で施設工事をしている場所が見受けられた。図2に計画も
  含めた路線図を示す。おかげでトルコ列車の旅は大幅に改善されたとのことである。でも速度は、日本
  の新幹線に遠く及ばない最大でも時速160Km程度とのことである。図3はアンカラ駅の特急券のチケ
  ット売り場であり、図4は乗車のためのセキュリティチェックの場所である。図5は時刻表であり、日 
  本の新幹線とは比べようもない本数の少なさである。 
                 
    TRAIN_45      動画を開きます。
 
   ガラタ塔からメトロM2のハチリ駅を望む
 
図1 イエニカフ駅の改札の様子
 
 図2 ハチリ駅
 
 
 図3 ガラタ塔
 
                       
   45.ガラタ塔からメトロM2のハチリ駅を望む  (2019.10.3)    
       
  イスタンブールの多くの鉄道が集中しているイエニカフ駅(図1)からメトロM2に乗り2つの目駅であ  
  るハチリ駅(図2)は金角湾の上に設置された洋上駅となっている。ガラタ塔(図3)からは左にガラダ  
  橋、そして右に湾上のハチリ駅から行きかうメトロM2を見ることができる。尚、この駅からは夜間は  
  ライトアップされた美しいガラタ橋を、まじかに見ることができる。  
           
 TRAIN_34     動画を開きます。
 
   トルコのコンヤ市内を走行するトラム(トラムヴァイ)
 
 
図 1
  34.トルコのコンヤ市内を走行するトラム(トラムヴァイ.2019.9.28    
   
    1077年に首都であったコンヤ(Konya)はかって科学、文化、芸術の都であった。現在も町中にその面  
    影を残している。今回、コンヤ市の中心から郊外まで運行しているトラムヴァイに乗車してみた。車体  
    (図1)も車内(図2)も綺麗であり、カラフルなアニメーションを活用した車内の行き先案内も近代的  
    であった(図3)。でも1回の乗車代がたった1トルコリラ(20円)とは驚きました。  
   
        
  図2  図3   
       
    TRAIN_35      動画を開きます。
 
    トルコ共和国の 首都アンカラの通勤電車
 
 
 図1
  35 トルコ共和国の 首都アンカラの通勤電車  (2019.10.1) 
     
    460万人の人口を擁する首都アンカラの市域は広く、地下鉄とTCDD(トルコ国鉄)による交通網が充実
    している。アンカラの市の中心部と郊外を運行する電車がTCDDにより運行されている。鉄道映像はア
    ンカラ駅のホームから撮影したものである(図1、図2)。またアンカラ駅は、イスタンブールとの間で
    の新幹線の終着駅ともなっている。図3がアンカラ駅舎への入り口である。 
     
     
  図2   図3
     
TRAIN_36       動画を開きます。
  
 首都アンカラの地下鉄路線アンカライ  
 
      図1
 
   36.首都アンカラの地下鉄路線アンカライ  
     
    アンカラ市内にはアンカライという古い地下鉄とメトロM1からM4が運行されている。アンカライは
    1996 年にライトレール規格として開業した最も古い地下鉄である。乗車した気分では車両は古いがライ
    トレールと思えなかった(図1、図2)。図3はアンカラの地下鉄の路線図であり、中心のグリーンの路
    線がアンカライである。なお乗車にはアンカラカードが必要で、カード代が5TL(100円)で1回の乗
    車が2TLであった(図4)。
     
     
              図2           図3 
     
            図4   
     
   目次 1 へ !  
 
 ☆ END