中嶋正之の鉄道映像
         
 コメント欄を開くボタン
コメントを読む 
  
 ビデオ選択ボタン 
目次を開く
中嶋 正之 の 鉄道映像         

  105  磐越西線:新型電気式気動車「GV-E400系 」

(2020.10.18)      
 

 ビデオ選択
ボタン
TRAIN_97
TRAIN_98
TRAIN_99
TRAIN_100
TRAIN_101
TRAIN_102
TRAIN_103
TRAIN_104
TRAIN_105
TRAIN_106
TRAIN_107
TRAIN_108
    
    

105 磐越西線:新型電気式気動車「GV-E400系」    (2020.10.18)

 
   JR東日本新潟支社では、老朽化したキハ40系気動車の置き換えを目的に新造された車両
   である新型電気式気動車「GV-E400系」の営業運行を2020819日に開始し、磐越西
   線の非電化区間(喜多方から新潟方面、そして電化区間の喜多方―会津若松間を走行して
   いる(図1)。図2が列車の先頭部分で、GV-400と銘記されていることが分かる。図3、
   図4から分かるように新型のためか内装も美しくできている。図5には、近郊列車の定番 
   であるロングシートも設置されていることが分かる。ちなみに郡山駅 - 喜多方駅間の電化 
   区間では、普通列車および快速列車は、東京と同型の近郊形電車が運転されており、この 
   区間での通勤客や学生が多いためである。  
   なお、GV-E400ディーゼルエンジンの動力で発電した電力で主電動機を駆動する、いわ 
   ゆるディーゼル・エレクトリック方式電気式気動車とのことであり、「GV」は 
   「Generating Vehicle」の意であり、また、形式名の百の位の数字「4」も、「電気式気
   動車」を  表すとのことである(ウィキペディアより)。  
  
 
 
 図1 列車の様子
 
 
     
図2 先頭部分にはGV-E400の銘記がある。    図3 車内の様子 
                 
          
     図4 車内の様子   図5 車内の様子、ロングシート