中嶋正之の鉄道映像
         
 コメント欄を開くボタン
コメントを読む 
  
 ビデオ選択ボタン 
目次を開く
中嶋 正之 の 鉄道映像         


137   ほくほく線超快速スノーラビット号   (2021.1.23)

 ビデオ選択
ボタン
TRAIN_133
TRAIN_134
TRAIN_135
TRAIN_136
TRAIN_137
TRAIN_54
TRAIN_55
TRAIN_56
TRAIN_57
TRAIN_58
TRAIN_59
TRAIN_60
    
    
137  ほくほく線超快速スノーラビット号    (2021.1.23)
 
    ほくほく鉄道の超快速は日に1本のみ運行されるが、越後湯沢から六日町、十日町、犀潟 
    (ここまでほくほく線)そして信越線に入り直江津まで、そしてさらに「えちごトキメキ
    鉄道」に入り新井駅までを結んでいる。この快速スノーラビット号においても「ゆめぞら
    号」が連結され、日曜日にはCG作品が上映されている。作品は5作品であり、ここに紹介
    する映像は海中の作品である。結構良くできた作品であった。全ての5作品は、ほくほく
    線のホームページ(https://www.hokuhoku.co.jp/yumezora.html )において鑑賞するこ
    とができる。なおこの超快速スノーラビット号は車両HK100形を使用しており、普通乗車 
    券で乗車できる列車としては日本最速の時速110Kmでの運転とのことである(ウィキぺディア 
    より)。映像は最初が、越後湯沢駅を出発するスノーラビット号で、中間が十日町の 
    高架となっている路線を走行する様子で、最後が上映作品の例である。図1が、CG映像が 
    上映されている暗い車内の様子で、図2は、CGが上映される車輌の紹介である。  
 
 
図1 車内の様子 
 
 
   
図2 CG上映の注意