中嶋正之の鉄道映像  
         
 コメント欄を開くボタン
コメントを読む 
  
 ビデオ選択ボタン 
目次を開く
中嶋 正之 の 鉄道映像         

139 熊本市電 (2021.3.6)

 ビデオ選択
ボタン
TRAIN_133
TRAIN_134
TRAIN_135
TRAIN_136
TRAIN_137
TRAIN_138
TRAIN_139
TRAIN 140
TRAIN 141
TRAIN 142
TRAIN 143
TRAIN 144
    
    
139 熊本市電(2021.3.6)
 
      熊本県熊本市で熊本市交通局が運行するのが熊本市電で、大正13年に熊本駅前から浄行寺
     (幹線)の4.7kmと水道町~水前寺間の2.24kmで開通したとの歴史ある市電(多くは私鉄 
     だが文字どおり市営)とのことである。現在、新潟トランシス製の超低床車両の新形式の 
     車輌が走行しており、外観は熊本城の城壁をイメージした濃茶メタリックの塗装に、金色
     のハートを3つ組み合わせたシンボルマークやロゴを配置。内装は座席や床に木材を多用
     しているとのことである。図1と図2は現在多く走行している車輌で、図3が内部の様子
      である。図4が最新の超低床車輌である。この超低床車両は市民には人気があるようで、
        添付の図5の「おしらせ」のように4台しか運行していないとお断りを掲示していた。 
 
 
     
図1 古い車輌   図2 古い車輌
 
 
     
 図3 車輌の内部   図4 超低床車輌 
 
 
   
図5 お知らせ