中嶋正之の鉄道映像  
         
 コメント欄を開くボタン
コメントを読む 
  
 ビデオ選択ボタン 
目次を開く
中嶋 正之 の 鉄道映像         

145  肥前おれんじ鉄道    (2021.3.6.)

 ビデオ選択
ボタン
TRAIN 145
TRAIN 146
TRAIN 147
TRAIN 148
TRAIN 149
TRAIN 150
TRAIN 151
TRAIN 152
TRAIN 153
TRAIN 154
TRAIN 155
TRAIN 156
    
    
145  薩肥おれんじ鉄道   (2021.3.6)
 
      肥薩おれんじ鉄道線は、熊本県八代市の八代駅から鹿児島県薩摩川内市の川内駅に至る鉄
      道路線である。元は九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線の一部で、2004年の九州新幹線新
      八代 - 鹿児島中央間の開業に伴い、肥薩おれんじ鉄道へ経営移管された。現在、1両のか
      わいい軽快気動車により運行されており、図1、図2に示すように白を基調とし、おれん
      じの中に沿線の青い海と豊かな緑を象徴するラインを走らせたデザインとなっている。図
      3が車内の様子で、クロスとロングシートの組み合わせとなっている。なお全線が交流電
      化されているが、自社車両による旅客列車は交流専用電車の新造・購入費および維持費削
      減の観点から電気運転を行わず軽快気動車により運行されているという珍しい路線である。
      図4にはサイクルトレインスペースが設置されているとの表示あり。図5が時刻表で1
      間に2本が運行されていることが分かる。  
 
 
     
 図1 車輌のデザイン   図2 車体のデザイン 
 
 
 図3 車内の様子
 
 
          
     
 図4 自転車持込スペースも設置されている。   図5 時刻表