中嶋正之の鉄道映像  
         
 コメント欄を開くボタン
コメントを読む 
  
 ビデオ選択ボタン 
目次を開く
中嶋 正之 の 鉄道映像         

147 JR九州新幹線800系    (2021.3.7.)

 ビデオ選択
ボタン
TRAIN 145
TRAIN 146
TRAIN 147
TRAIN 148
TRAIN 149
TRAIN 150
TRAIN 151
TRAIN 152
TRAIN 153
TRAIN 154
TRAIN 155
TRAIN 156
    
    

147 JR九州新幹線800系   (2021.3.7)

 
      800系は700(146で紹介)をベースに開発された新幹線で、今まで見たこともない新幹線
      らしくない丸みを持った先頭車両に、美しい内装の新幹線として人気となっている(図1)。
      800系はJR九州が初めて設計した新幹線車両とのことであり、JR九州独自のデザイン
      となっており、歴代のフル規格新幹線車両では唯一、図2に示すように座席配置が2+2
      なっており、2+3列の座席配置が存在しない形式であり、2005年ローレル賞受賞したとの
      ことである。なお800系は700系にはない強い個性があり座席には図3に示すように木材
      が使われていて、クッションは西陣織で、ブラインドや手すりには地元のサクラ材、客室
      前後の壁はクスノキを使用。洗面所も八代特産のい草を使った縄のれんが設置されている。
      図4に示すように内装の壁などに使われている色も白や赤、黒、柿渋色、瑠璃色といった
      日本の伝統色でまとめられ、客室の床も日本らしい格子柄とのことである 
      ( https://trafficnews.jp/post/89658 )。図5は鹿児島駅に飾られていた800系の宣 
      伝である。  
 
 
   
図1 丸みをもった先頭車両 
 
 
     
 図2  2+2の座席構成   図3 木材を使用した座席 
 
 
     
 図4 車内の配色    図5  鹿児島駅にての大型ポスター