GIKEN co., LTD / HOBBY CLUB  中嶋正之の鉄道映像  3-11-55 TATSUKA KASHIWAZAKI - CITY NIIGATA JAPAN
         
 コメント欄を開くボタン
コメントを読む 
  
 ビデオ選択ボタン 
目次を開く
中嶋 正之 の 鉄道映像         

68  パフィンビリー鉄道に乗車 メルボルン

(2010.1.23)

 ビデオ選択ボタン
TRAIN_61 
TRAIN_62 
TRAIN_63 
TRAIN_64 
 TRAIN_65
TRAIN_66 
TRAIN_67 
TRAIN_68 
TRAIN_69 
 TRAIN_70
TRAIN_71 
TRAIN_72 
    
    
68  パフィンビリー鉄道に乗車(メルボルン、2010.1.23)
 
パフィンビリー鉄道はメルボルンから郊外電車メトロの支線の終点であるベルグレーブ駅の近 
くにあるオーストラリアで人気のSLである。この鉄道は1900 年に開設され、人々、材木、家畜、 
じゃがいもなどあらゆるものを輸送しているとの事。図1がパフィンビリー鉄道のパンフレットの 
表紙であり、図2が、パンフレットの中に紹介されていた路線図である。メトロのベルグレーブ駅 
を降りると直ぐに図3のような歓迎の看板がたっており、道に迷うことはなかった。 
2に路線図を示すように、路線はLakeside駅からさらにGembrook駅までとなっているが、多く 
のSLは途中のLakeside駅での折り返し運行となっている。図4に示すようにLakeside駅におけ 
る運行時刻を見ると、終点には日に1本のみとなっている。図5は折り返しのLakeside駅舎であ 
る。Lakeside駅では約50分停車しており、始発駅からLakeside駅までの往復に約3時間を要する 
ことになった。私は、Lakeside駅までの往復切符を購入し、ちょうど1230分発の列車に乗車で 
きることになった。このSLは、オーストラリアの観光客以上に中国からの観光客に人気のようで 
ある。原生林など景色の良い林間の走行も気持ち良かった。 
 
 
 
図1 パンフレット
 
 
図2鉄道の路線図
 
 
     
 図3 パフィンビリー鉄道の紹介の案内板    図4 運行時刻の案内
 
      
            図5 Lakeside駅舎