GIKEN co., LTD / HOBBY CLUB  中嶋正之の鉄道映像  3-11-55 TATSUKA KASHIWAZAKI - CITY NIIGATA JAPAN
         
 コメント欄を開くボタン
コメントを読む 
  
 ビデオ選択ボタン 
目次を開く
中嶋 正之 の 鉄道映像         

70 メルボルンの近郊電車メトロ

(2020.1.24)

 ビデオ選択ボタン
TRAIN_61 
TRAIN_62 
TRAIN_63 
TRAIN_64 
 TRAIN_65
TRAIN_66 
TRAIN_67 
TRAIN_68 
TRAIN_69 
 TRAIN_70
TRAIN_71 
TRAIN_72 
    
    
70 メルボルンの近郊電車メトロ(2020.1.24)
 
メトロはメルボルンの近郊列車で、大半の路線が電化されており、15路線、217駅、総延長は
869kmあり、1日当たり80万人が利用する市民の足として多くの利用者がいるとのこと。なおメト 
ロとはいっても地下区間は中心地の数区間のみとなっている(Wikipediaより) 
メルボルンの鉄道の中心駅であるサザンクロス駅と多くの乗客が利用するフリンダー・ストリート 
駅を中心に図1に示すような鉄道ネットワークが確立されており、料金はゾーン制となっており、 
市の中心がゾーン1で郊外がゾーン2となっている。図2に車内の様子を示すが、結構美しい車内 
となっている。車内には図3に示すように、多くの禁止事項の貼付がなされている。また、様々な 
行き先のメトロが発着するフリンダー・ストリート駅のプラットホーム(図4)には、図5に示す 
ように次に到着する電車の行き先、停車駅、そして次の電車の案内などが詳しく表示されており、 
観光客にも安心して乗車できるようになっている。 
 
車両は、モジュラー・メトロ(英語: Siemens Modular Metro)と言われドイツシーメンスグル 
ープの輸送部門シーメンス・トランスポーテーション・システムズ(現シーメンス・モビリティ 
が開発した都市高速鉄道(地下鉄)向けの汎用コンセプトモデルによる鉄道車両とのことで車体は 
ステンレス鋼あるいはアルミニウムで構成され、正面あるいは側面の3度の傾斜角が特徴 ,直流 
750V第三軌条方式とのこと(以上Wikipediaより) 
 
 
     
図1 メトロネットワーク    
     
     
図2 美しい車内    
 
 
     
図3 車内に貼ってあった禁止事項   図4 メトロのプラットホーム 
 
      
            図5 プラットホームの来る電車の電光掲示