GIKEN co., LTD / HOBBY CLUB  中嶋正之の鉄道映像  3-11-55 TATSUKA KASHIWAZAKI - CITY NIIGATA JAPAN
         
 コメント欄を開くボタン
コメントを読む 
  
 ビデオ選択ボタン 
目次を開く
中嶋 正之 の 鉄道映像         

71 メルボルンのサザンクロス駅

(2020.1.24)

 ビデオ選択ボタン
TRAIN_61 
TRAIN_62 
TRAIN_63 
TRAIN_64 
 TRAIN_65
TRAIN_66 
TRAIN_67 
TRAIN_68 
TRAIN_69 
 TRAIN_70
TRAIN_71 
TRAIN_72 
    
    
71 メルボルンのサザンクロス駅(2020.1.24)
 
メルボルンはビクトリア州都であり、人口464万人の大都市である。そのためメルボルンを中心と 
する鉄道のネットワークが存在する。20186月現在、停車駅数1700以上、在籍車両数475両以 
上という世界最大級の路面電車ネットワークが存在するとのこと。( Wikipediaより)。 
 
これらの鉄道の多くは、メルボルンのサザンクロス駅(1)から発着している。この駅は巨大な駅 
となっており、東京駅や新宿駅同様に朝晩のラッシュアワーには多くの乗客で混雑している(図2)。 
映像のように駅内の陸橋の上から、多くの列車が行き来し、多くの乗客が乗り降りする様子は壮観 
でもある(図3)。尚、プラットホームは1から16あり、主にV/Lineがプラットホーム1815 
16を、メトロがプラットホーム914を使用している。プラットホーム12は、オーバーランド、 
XPT、およびV/Lineのオルベリー線が使用している標準軌(1,435mm)にも対応できるよう、広軌 
1,600mm)との三線軌条になっている。その他のプラットホームは広軌のみである(Wikipedia 
り)。映像は、サザンクロス駅のプラットフォーム3から16までを撮影したものであり、画面最後 
のプラットフォーム914のメトロの電車が多く行き交う様子が分かる。なおプラットフォーム1 
2は、画面の左奥にあり、同時に撮影することができなかった。また後半は、前半とは逆の陸橋か
らの眺めで、多くの乗客が行き交う様子が分かる。
 
 
     
図1 サザンクロス駅    図2込み合うプラットホーム
 
 
   
 図3 陸橋からの様子