中嶋正之の鉄道映像  
         
 コメント欄を開くボタン
コメントを読む 
  
 ビデオ選択ボタン 
目次を開く
中嶋 正之 の 鉄道映像         

86 上信電鉄 (2020.9.14)

 ビデオ選択
ボタン
TRAIN_85
TRAIN_86
TRAIN_87
TRAIN_88
TRAIN_89
TRAIN_90
TRAIN_91
TRAIN_92
TRAIN_93
TRAIN_94
TRAIN_95
TRAIN_96
    
    

86 上信電鉄 (2020.9.14)

 
  高崎駅と下仁田駅を結ぶのが上信電鉄である。起点である高崎駅は上越・北陸新幹線をは
  じめ、高崎線・上越線・信越本線・両毛線・八高線といったJR各路線の列車が発着する交
  通の要衝であり、本路線においても起点であると同時に車両基地や本社の所在する重要な
  駅となっている(ウキペディアより)。2020年現在は全列車がワンマン運転の普通(各駅
  停車)であり、図1が車内の様子である。朝夕のラッシュ時には一時間に2-3本、昼と
  夜遅くを除いた時間帯にはおおむね1時間に2本の列車が運行されていおり、図2に紹介 
  するように世界遺産の富岡製糸場、妙義山など、沿線に多くの観光地を抱えている。高崎 
  駅にはシルクの間という愛称で電車を改造した待合室が設置されている(図3)。図4はそ
  の車内でありノンビリ休憩できるような雰囲気となっていた。なお、図5に示すように、こ 
  の休憩車は愛称として「ぐんまちゃん」と呼ばれているようである。  
 
 
     
図1 車内の様子   図2 沿線の観光案内
 

       

       図 3 高崎駅に設定されている待合室シルクの間
 
 
 
 
 
     
図4 シルクの間の様子    図5 ぐんまちゃんの表示