中嶋正之の鉄道映像  
         
 コメント欄を開くボタン
コメントを読む 
  
 ビデオ選択ボタン 
目次を開く
中嶋 正之 の 鉄道映像         

89 水上駅のSL展示

(2020.10.3)

 ビデオ選択
ボタン
TRAIN_85
TRAIN_86
TRAIN_87
TRAIN_88
TRAIN_89
TRAIN_90
TRAIN_91
TRAIN_92
TRAIN_93
TRAIN_94
TRAIN_95
TRAIN_96
    
    

89 水上駅のSL展示    (2020.10.3)

 
    転車台広場には、準鉄道記念物として最後に高崎第一機関区で活躍し、昭和4510月に
    廃車になったD51 745が置かれている(図1)。D51498号機は、動輪が4軸の貨物用蒸
    気機関車とのこと。1940年に製造され、製造両数は日本最多の1,115両。蒸気機関車の代
    名詞ともいえる「デゴイチ」の愛称で親しまれている。図2にSLの前に設置されていた説
    明であるが、それより、このD51197210月の運転を最後に上越線後閑駅前に静態保
    存されていたが、198812月に復活運転をし、上越線・信越本線だけでなくJR東日本エ
    リア各線の牽引機としても活躍してきたとのこと。そして27年間で走った距離は164
    kmとのことである。図3は後部を撮影したもので、D51745の名盤が鮮明に分かることにな
    る。また図4はSLの全景でその保存の良さが認識される。なお図5は蒸気機関車に付け
    られた記号の説明で大変参考になるので紹介しておく。  
 
 
 
図1 展示されているD51714
 
 
   
図2 展示されているD51745の説明
 
 
   
図3 後部の写真
 
 
   
図4 SLの全景
 
 
   
図5 蒸気機関車の記号の説明